家族葬の流れ

万が一大切な人の最期のとき、自分の最期を家族葬で行いたい方など生前にできる準備もありますので、実際の流れを紹介します。

まず、家族葬にお呼びする方のリストを作成します。参列者を家族や近親者に限定してお呼びするのが家族葬の大きな特徴です。そのため、あらかじめ事前に決めておくことで万が一のときに備えることができます。家族の中には会社関係の方々、知人、友人を呼ぶことが当たり前と思う方もいるでしょう。そのため、家族の中でもしっかり話し合い決めておくことがとても大切です。次に、あらかじめ決めておいた葬儀会社に日時などをお伝えし、ご逝去・ご搬送の手配をします。中にはご近所に知られたくないなどの理由から自宅安置を拒む人もいるでしょう。今では冷蔵庫を備えていたり、24時間面会できる施設もたくさんあるので、そのような場所も利用してみるとよいでしょう。

次に、打ち合わせを行います。急なことで心身ともに疲れていることでしょう。ですから、家族の体調などに合わせて行いましょう。また、日程や場所を案内する訃報には故人の意思で家族葬を行う旨、家族葬を行うに当たり参列をお断りする旨を記載します。丁寧に誤解を与えることのないように記載します。そして、親しい方だけでゆっくりとお通夜を過ごし、故人との思い出を棺に納めお別れをする告別式を行い、お葬式後の手続きを行います。生前故人がお世話になった方、参列できなかった方へお知らせ、報告をします。家族葬は近親者で行うお葬式ではあるが、参列できなかった方、生前お世話になった方への感謝の気持ちをしっかりとお伝えすることもとても大切です。

万が一に備えて、今からできることもあるでしょう。トラブルが起きないようにしっかりと家族で話し合っておくことで家族葬を最高の時間にすることができるでしょう。