家族葬のマナー

実際に家族葬を行うに当たっていくつかマナーがあります。まずは参列する側のマナーです。家族葬のお通夜への参加についてです。原則参加すべきではありません。家族葬の案内があった際に、日時や場所が記載されている場合でも明確に参列の案内がない限りは参加は避けましょう。参列はできないが故人を弔いたい方は弔電を送りましょう。

家族葬の場合、一般参列者からの弔問、香典、供花供物は一切お断りするのがほとんどです。しかし返礼品が必要のない弔電を送っても問題はありません。しかし、送っても構わないというもので必ず送らなければならないものではありません。次に服装です。参列案内があった際は喪服を着用します。家族葬なのでなんでもいいように思いがちですが、やはり僧侶を呼ぶに当たり礼服の着用が望ましいでしょう。また、後日弔問に訪れる際は礼服ではなくても地味目な色使いの平服で訪れましょう。

喪主側のマナーとしては、家族で最後をゆっくり過ごすために事前に家族葬の案内は送らずに、事後の挨拶の連絡で済ませましょう。事前に家族葬を知ってしまうと、弔問や香典が届いたりと結果的に対応に追われます。なので、報告の範囲を限定し報告し、家族葬のお知らせは事後に挨拶文を送りましょう。その内容は、近親者で済ませたこと、知らせなかったお詫び、生前の故人に対する感謝を添えて送りましょう。訃報を知らせる手段の一つとして喪中はがきもありますが、あくまでも新年の挨拶ができないことへのお詫びを伝えるはがきなので一緒にせずに分けて送るのがよいでしょう。

喪主側も参列者側も気持ちよく故人を弔えるようにマナーを知っておくことはとても大切なことでしょう。