家族葬が選ばれる理由

家族葬のニーズが高まり、増え続けているにはいくつかの理由があります。まず、家族葬は現代の価値観に合っていることです。最近では亡くなる方の年齢もどんどん高齢化し友人もさほど多くないという方も増えています。そのため参列人数は年々少なくなっていて、お葬式の規模も小さくなってきています。そのため、自分に万が一のことがあったときも大人数の盛大なものではなく、家族や親戚などの近親者だけで静かに見送ってほしいという人も多くなってきています。

少人数で小規模な家族葬は食事代や宿泊代を抑えられたり、中には僧侶を呼ばずに行う方も多く、従来のお葬式と比べてコスト面を抑えて行うことができるのも選ばれる大きな理由となっています。

また、家族葬は故人とゆっくりお別れできるというのも魅力のひとつになっています。一般のお葬式では参列者に気を配りながらの対応が必要となり、故人とのお別れよりもそっちに気持ちを配らなければなりません。それに比べて、家族葬は気心知れた方のみで行うため、遺族の気持ちの負担を軽減できます。家族とのゆっくりした時間の中で思い出話をしながらお別れができ、故人との最期にしっかりと向き合うことができます。

家族葬は一般葬と同じように火葬、お通夜、告別式を行いますが、比較的スタイルは自由なのが特徴です。親しい方のみで行えるので自由な発想で内容を決めることができ、行うことができます。そのため故人が生前趣味で作ったものを展示するなど、故人と遺族の想いをより形にできるスタイルが家族葬です。